再発なし!すい臓がん治療で新フコイダン療法を取り入れ経過良好!2016/09/21

再発なし!すい臓がん治療で新フコイダン療法を取り入れ経過良好!2016/09/21

再発なし!すい臓がん治療で新フコイダン療法を取り入れ経過良好!

 

手術から丸4年が経ったが、再発も見られず、体調はとても良く元気に過ごしています!

 

患者様は70歳代の男性で、すい臓がん治療で新フコイダン療法を始められた方です。

この患者様が新フコイダン療法を始められてから丸4年が経ちます。

手術ですべて腫瘍を切除出来たとしても再発率が高いと言われるすい臓がん、ご経過も良好でお元気にお過ごしいただけていることがとても嬉しいです。またいつお電話をいただいても、お元気にされているご様子が伺え、毎回お話をお聞かせいただけることが私も楽しみです。

 

再発なし!すい臓がん治療で新フコイダン療法を取り入れ経過良好!患者様がすい臓がんであるとお判りになられたきっかけは、胃がんの定期検診です。

患者様は、以前に胃がんをされており、定期的に検診を受けられるなかで膵管が腫れていることが判り、詳しく検査をされたところ、すい臓がんと診断されました。

 

手術で膵臓の3/4を切除され、再発のリスクを低下させるために抗がん剤治療を始められました。

抗がん剤治療を始められてから2週間後、下痢や全身のかゆみなどの副作用が強く出たこと、脳梗塞をされたことなど、身体への負担を考え、抗がん剤治療を中止されることになりました。

 

再発を何としてでも避けたい、身体への負担が少なく治療の代わりに出来ることをと、いろいろ探されていた時に新フコイダン療法をご存知になられたそうです。

 

「新フコイダン療法を続けていて、正直身体に感じる大きな変化というのはわからないが、続けることに意味があると思っているし、結果として経過良くこられているのは新フコイダン療法が上手く自分の身体の中で働いてくれているからだと思っている。」とお話しくださっています。

 

患者様がおっしゃられた「続けることに意味がある。」はとても重みのある言葉で、簡単そうに見えて実はとても難しいことだと思います。その中で、ご状況をお教えいただいたり、お声をお聞きすることが出来るのはとても嬉しいです。

 


現在の「すい臓がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『すい臓がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

膵臓がん治療の方の専門サイト