すい臓癌がん治療で新フコイダン療法を始められた方2016/10/26

すい臓癌がん治療で新フコイダン療法を始められた方2016/10/26

すい臓癌がん治療で新フコイダン療法を始められた方

 

手術をするまでに時間があり、何もしないで時を待つのは不安。先に出来ることから始めたい。

 

このようにおっしゃられ新フコイダン療法を始められました。

患者様は70歳代の女性です。

定期的に行なっていた血液検査ですい臓に関係する数値が徐々に高くなり、精密検査を受けられ、すい臓がんが判られました。すい臓の中でも膵頭部に腫瘍が出来ており、幸い他臓器などには転移は見られなかったため、手術を控えられている状況です。

 

すい臓癌がん治療で新フコイダン療法を始められた方すい臓に関する数値が高く、精密検査を受け始められた時から、インターネットですい臓がんについて調べていたそうです。インターネットですい臓がんについて調べて見ると、進行が早く難しい病気であること、治療で身体にかかる負担が大きいことなど、いろいろな情報があり、とても不安になったとおっしゃられていました。

また手術をすることは決まっていますが、手術までに時間があり、何もしないで時を待つのも不安ということもあり、何か先に出来ることはないかと探していたところ、新フコイダン療法をご存知になられたとのことでした。

 

「資料を読んで、今の自分に何が必要なのかが明確になり始めてみようと思った。手術まで時間もあるので、何もせず手術の日を待つよりは、今取り入れられることを始め、治療に臨みたい。その中で体力面も不安のひとつなので、今ここで手術に耐えられる体作りもしておきたい。とお話ししてくださり、新フコイダン療法を始められました。

 

お問い合わせをいただく方で、新フコイダン療法を始められるきっかけや理由は様々です。

お話をさせていただいた患者様のような方、がん改善を目的とされる方、現状や体力維持を目的とされる方、副作用の軽減を目的とされる方など、たくさんのお問い合わせをいただきます。

お話しをお聞かせいただく際は、少しでも多くのことをお聞かせいただき、出来るだけその方に寄り添ったお話を出来ればと思っています。少し話を聞いてみたい、興味を持ったなどどんな些細なことでも構いませんので、お問い合わせいただければ幸いです。

 


現在の「すい臓がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『すい臓がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

膵臓がん治療の方の専門サイト