膵臓がんの治療前から新フコイダン療法を取り入れ、マーカー低下!克服へ一歩前進!2017/05/19

膵臓がんの治療前から新フコイダン療法を取り入れ、マーカー低下!克服へ一歩前進!2017/05/19

膵臓がんの治療前から新フコイダン療法を取り入れ、マーカー低下!克服へ一歩前進!

 

膵臓がんで治療前から新フコイダン療法を取り入れられた方のお話をさせていただきます。

患者様は60歳代前半の女性の方です。

風邪をきっかけに背中や腰が痛むようになり、倦怠感や胃と腸が張るなどの自覚症状があり、病院を受診され検査を受けられたそうです。

詳しい検査を受けられた結果、膵臓の頭部に腫瘍が判り、膵頭部がんと診断されました。

主治医の先生からは、治療法は抗がん剤治療しかなく、強いお薬を使うか、弱いお薬を使うかのどちらかになると説明を受けられたそうです。

治療方針の説明を受けられた際に、何か出来ることをとご家族の方が調べてくださり、新フコイダン療法を始められました。

 

膵臓がんの治療前から新フコイダン療法を取り入れ、マーカー低下!克服へ一歩前進!抗がん剤治療を行なう前に、膵臓の腫瘍が胃と腸を圧迫していたため、今後お食事が摂れなくなるのを防ぐために、バイパス手術を先に行なわれました。

体力が回復したらすぐに抗がん剤治療を始めると言われていたそうですが、強いお薬を使うとのお話しがあった際に、正直抗がん剤治療を行なうことを迷われたそうです。

抗がん剤治療での副作用で通常通りの生活が難しくなるようであれば、治療を行なわずに、緩和ケアで様子を見ていこうと考えられていたとお話しされていました。

 

バイパス手術をされた後にお電話をいただいたのですが、その時のお声はとても明るく、お元気そうでとても安心いたしました。

その時にセカンドオピニオンをとられたこと、抗がん剤治療と併用で放射線治療も出来ることになったことなどをお話しくださり、治療に対してもとても前向きになられていました。

お腹の調子も良くなり体調も良い。がんに対しての治療はまだ何もしていないのにマーカーが200台から50台まで下がり、とても嬉しい。これも新フコイダン療法のおかげなのかなと思っている。また当初は転移もあると言われていたが、最近受けたPET検査では転移はなしとの診断だった。もしかしてこの結果も新フコイダン療法のおかげなのかなと思いつつ、転移がないとの結果になり、治療の選択肢も当初より増え、気持ちも上向きになり、頑張ろうと思えた!」とお話しくださいました。

そのお声はとても嬉しそうで、お気持ちの面でも新フコイダン療法がお役にたてたのかなと思うと、とても嬉しく思いました。

 


現在の「すい臓がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『すい臓がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

膵臓がん治療の方の専門サイト