すい臓がんで新フコイダン療法を取り入れた方2017/07/14

すい臓がんで新フコイダン療法を取り入れた方2017/07/14

すい臓がんで新フコイダン療法を取り入れた方

 

すい臓がんで治療開始前から新フコイダン療法を取り入れられた方のお話をさせていただきます。

患者様は70歳代の男性です。

知人のご身内の方がすい臓がんに罹患されており、その方のお話しをよく聞かれていたそうです。ご自身も腹部に痛みが続いており、聞いた症状と似ているなと感じ、まずは近医で腫瘍マーカーの検査を受けられたそうです。腫瘍マーカーの結果は異常が見られなかったそうですが、心配になり総合病院でCT検査を受けられ、同じくすい臓がんとの診断を受けられたとのことでした。

 

すい臓がんで新フコイダン療法を取り入れた方幸い他臓器に転移は見られず、手術が可能と言われたそうです。

それが自分にとって一番よい方法なのかも含め、他に出来る治療法を調べられたり、セカンドオピニオンも受けられたそうです。

セカンドオピニオンでも今出来る一番よい方法は手術で、出来ることは何でも取り入れるほうが良いとアドバイスがあったとおっしゃられていました。

そのアドバイスを踏まえ、新フコイダン療法も取り入れてみようと思ったとのことでした。

 

「手術まで少し時間があるので、少しでも進行を抑え、手術に耐えられる体力をつけたい。まずはそれを一つの目標として新フコイダン療法を始めたい。良いと思ったことはどんどん取り入れ、良い状況へと繋げたい。」とお話しくださいました。

 

その後、新フコイダン療法をすぐに取り入れられ、お身体に変化を感じたとご報告をいただきました。

取り入れたことで、「冷えていた手足が温かくなり、体温が1度上がった。良い状況で治療が出来そうだ。と喜ばれており、少しでもお身体に変化を感じていただけたことを嬉しく思いました。

無事手術を終えられ、元気なお声お聞かせいただければ嬉しいなと思いました。

 

新フコイダン療法は即効性があるものではないので、続けてご様子を見ていただくものになりますが、何かしらの良い変化を感じていただき、希望を持ってお続けいただけたら嬉しいです。

 


現在の「すい臓がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『すい臓がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

膵臓がん治療の方の専門サイト