すい臓がんを克服するなら「統合医療のすすめ」

すい臓がんを克服するなら「統合医療のすすめ」

がん統合医療とは…

膵臓がん統合医療
現在、病院などで一般的に行われる標準医療(主に西洋医療)とされるものと、それ以外の代替医療を統合したものを統合医療といいます。

代替医療の中には、まだ臨床が不充分な最先端医療だけでなく、東洋医学(漢方薬、お灸、鍼、湯治など)や健康食品などの総称です。

代替医療の中には、作用機序が判明しているものも多くあり、西洋医療を補うために代替医療を併用する「統合医療」が大変注目されています。

がん治療の分野においては、西洋医療の優れたところを取り入れ、また反面、西洋医療の限界点を明確にし、その限界を補う為の「統合医療」に移行する事で、がん治療における治療手段は増え、それまでの限界を超えることにつながることから、多くの患者が統合医療を選択されています。

統合医療の代表選手である「免疫療法」で、すい臓がんと闘えるか?

人間本来が持つ免疫力を高める「免疫療法」で、すい臓がんと闘えるか?

  • 免疫細胞療法(活性化リンパ球療法、樹状細胞療法、NK細胞療法など)
  • 漢方療法
  • 健康機能食品(アガリクス・メシマコブ・AHCCなど)

これらの療法は各々に特徴がありますが、正常細胞、T細胞、樹状細胞NK細胞やマクロファージなどを強化することにより、がん細胞を攻撃させるものです。つまり、正常細胞とがん細胞を戦わせるという事です。

昨今、特に免疫細胞療法においては、著しい進化がみられ、私どもも注視しております。
しかしながら、各々の強化細胞ががん細胞に勝てば改善方向へと向かう事にはなりますが、すい臓がん治療の「進行が早い」「時間的余裕がない」事を踏まえると、大きな治療成果が得られるまでには至っていないと、考えております。

その理由としては、免疫療法は基本的に、「がん細胞に直接働きかけるものではない。」という事が要因にあげられます。

がん治療において注目される褐藻類

膵臓がん治療において注目される褐藻類褐藻類(かっそうるい)とは、全世界で約240属1500種の生育が確認されていますが、褐色を示す海藻で、コンブ、ワカメの属するコンブ目、ヒジキの属するヒバマタ目などがあります。

日本では1996年、「第55回日本癌学会」にて褐藻類に含まれる「フコイダン」に抗がん作用があると発表され、テレビや雑誌などにも取り上げられて一躍注目を浴びるようになりました。

また現在においても多くの研究機関で研究され、がん治療にフコイダンを用いた「フコイダン療法」を推奨する医師や医療機関が急激に増加しました。

※「フコイダン」とは、モズク・ワカメ・コンブなどの褐藻類にある、ヌルヌル部分に含まれる成分です。

さらに研究を進め、ついに見つけた「理想の抗がん成分」

私たちの研究チームでは、抗がん作用があると発表された「フコイダン」の研究データを再検証。さらに原料である褐藻類に含まれる他の成分を徹底的に調査・作用を検証して、抗がん作用の成分特定に尽力いたしました。

そして多数の研究機関での研究が進んだ結果、1996年当時、癌学会において発表された「フコイダンによる抗がん作用」の多くは、褐藻類に含まれる他の成分「フコキサンチン」「マグジサリシレート」が大きく関与していることが解明されました。

その解明により、本来の目的である「西洋医療の限界」をさらに強力に補うことができ、これまでの「フコイダン療法」以上に癌改善率を高めることができる治療法、「新フコイダン療法」を導き出しました。

膵臓癌に理想の抗がん成分

次へ⇒新フコイダン療法とは…
膵臓がん克服の秘訣