膵臓がんとは

膵臓がんとは

すい臓がんとはどんな病気か?

膵臓がんとはどんな病気かすい臓は、ホルモンや消化酵素の分泌を担う器官です。すい臓にできる癌のうち90%以上は、すい臓の中を通っている膵管(すいかん)の細胞にでき、すい臓がんといえば通常この「膵管がん」のことを指します。

すい臓がんは、消化器がんのなかで最も予後不良のがんです。すい臓は身体の中央に位置し、胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・脾臓などに囲まれているため、癌が発生しても見つけるのが非常に難しいのです。

その上、どんな人が膵臓がんになりやすいのかも、あまり解明されていません。また、早い段階では特徴的な症状もありませんので、胃がんや大腸がんのように早期のうちに発見されるという事はほとんどありません。