膵臓がんの症状

膵臓がんの症状

膵臓がんは特徴的な症状が乏しいです。特に初期の場合、ほとんど症状が現れないので、早期発見が難しいといわれています。

主な症状は腹痛や黄疸、体重減少、食欲不振、糖尿病の悪化、腰背部痛などがみられます。膵臓がんの症状は一般的な消化器症状と似ているため、診断の遅れにつながっています。

膵頭部に発生したがんは、がん細胞が頭部の中を通っている胆管に浸潤して詰まり、胆汁の流れが悪くなることにより黄疸になりやすいという特徴があります。また、近接している胃や十二指腸にがん細胞が浸潤すると、消化管の狭窄や閉塞が起こり嘔吐や吐き気を生じます。

膵体部や尾部に発生したがんは、特徴的な症状が現れないことが多いです。 進行した膵臓がんの場合、腹部腫瘤や腹水、腸閉塞を起こすことがあります。